記事一覧

花屋で花を買わない時代

ファイル 4-1.jpg

最近、花屋さんが花屋の体をなしていなくなっている。

自分用に花を買うのは、「スーパーマーケットやホームセンター、地元の物産センター」でという人が多い。
では、プレゼントにする場合は、どうなのだろうか?

やはり、スーパーマーケットや物産センターなのだろうか?

スーパーマーケットやホームセンターでも、最近はフラワーアレンジメントもあるし、鉢植えのラッピングも行っているので、かなりの数が売れているようだ。

また、ネットショッピングでも通販の大手企業や、花屋の大手店がホームページでお花の通販に力を入れているので、贈る、日が判っている場合は、こちらで注文もかなり多いことは明らかである。

花屋で花を買わない人の言葉を借りれば、花屋の花は値段が高い。
花屋に行くと、あれこれ聞かれるので行きたくない。
見本品や作り置がないので、出来上がりが言葉だけでは想像できない。花の名前がわからない、値段の表示がない、花を触ると怒られる等がうかがえる。

では、買う側は何を花屋に望んでいるのだろうか?
スーパーマーケットの花が売れるのはなぜだろう?
最近駅中やその周辺での花店が、サラリーマンをターゲットに開店しているが、その実態はどうなのか?
かなり、スーパーマーケットの販売方法と似ているのでは。

前段での事を思い出そう。
花屋の花は値段が高い。→そうだ値段が安いことを宣伝しよう。(決して値段は高くないはず。)

あれこれ聞かれるので行きたくない。→あれこれ聞かなければいいのだ。聞かれた事だけを答える。(余分な話は無用)
見本品や作り置がない。→見本や提案コーナーを作りお持ち帰り商品も作ろう。
花の名前がわからない、値段の表示がない。→花の名前と値段を付けよう。(切花は1本いくら、アレンジは税込みでいくら、花の持ちは常温で何日、鉢植えは、特徴と育て方)
花を触ると怒られる。→花を触られても良いような工夫を(ラッピングしてしまうとか)

客が望むことは、あれこれ選んで、選んで、黙ってレジに商品を運んでくれば、買い物が済むシステムが必要なのかもしれない。花屋で作り置がしてない場合は、客は、注文して、作られたアレンジなりを満足しなくても、買わなければならないという強迫観念が有るのでは。
満足しないからといって、作り変えの要求はなかなかできないものだ。
店側も、このことに気づくべきで、客は満足したのだとか、これが店のポリシーだとか、勝手な解釈をしないことが賢明である。

売り側と、買う側はの利益は、相反しているので、どこで妥協するのかが問われる。

行列ができるほどのラーメン店では、店の利益が優先されるが、最近の花屋さんに、行列ができたという話は伺い知らない。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ