記事一覧

46万円ほどの下落、スピードマスタープロフェッショナル

限定モデルが、人気ロレックス並に値動きするオメガ。そういった傾向ゆえ、全体が上昇傾向のときは“上がり気味”、逆に下落しているときは“下がり気味”といった様子が見られます。

では、一体今、オメガ スーパーコピーの限定モデルはどうなっているかというと、スヌーピー310.32.42.50.02.001の場合、「値下がり」となっている状況です。

2022年 オメガ新作 スピードマスター偽物“シルバー スヌーピー アワード” 50周年記念 310.32.42.50.02.001

サイズ | カラー | 素材

スピードマスター “シルバー スヌーピー アワード” 50周年記念

Ref:310.32.42.50.02.001

ケース径:42mm

ケース素材:ステンレススティール(ポリッシュ&ブラッシュ仕上げ)

防水性:50m

ストラップ:ブルーのナイロン製ファブリック、ストラップの裏地にアポロ13号の軌道をエンボス加工で描く

ムーブメント:手巻き、Cal.3861、50時間パワーリザーブ、毎時21,600振動、26石

仕様:時・分・クロノグラフ秒表示、スピードマスター 第4世代にインスピレーションを受けたシルバー製のステップダイアルに3つのサブダイアルとダイアルの傾斜に合わせて角度をつけたインデックス(サブダイアルとインデックスはPVDでブルーに)、9時位置のサブダイアルにはシルバー スヌーピー アワード受賞者に贈られるシルバー製のピンと同じポーズをした宇宙服を着たスヌーピーをエンボス加工で表現、ブルーセラミック[ZrO2]製のベゼルリングにホワイトエナメルのタキメータースケール、マジックハンドに司令船に乗ったスヌーピーがあしらわれクロノグラフ機能が使用されると 月の裏側を旅するように回転、スモールセコンドとして連動して動く地球をかたどったディスクが1分間に1回転、ケースバックの周囲にシルバー スヌーピー アワードへのトリビュートとなる“SILVER SNOOPY AWARD OCT. 5, 1970””APOLLO XIII APRIL 1970”の文字を黒でエングレーブ、

このスヌーピー310.32.42.50.02.001は、2021年3月時点で約157万円でしたが、同年6月には約241万円に達していました。

けれども、2022年4月現在の状況は、約195万円。2021年6月と比べると、46万円ほどの下落となっている様子です。


【関連記事】:スーパーコピー 買ってみた ブログ

コメント一覧

アルハンブラ N級 URL 2022年04月14日(木)13時41分 編集・削除

以来、このスタイルは50年にわたりジュエリーに影響を与え続けてきました。アルハンブラモチーフは、イヤリング、ブレスレット、リング、ウォッチにも展開されています。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー